経営計画書 94ページ

物的環境整備に関する方針

1.目 的 (1) 刻々と変化する環境に対応する感性を磨く。 2.基 本 (1) 環境整備    仕事がやりやすい環境を整えて備える。 (2) クレンリネス    お客様が気持よく買い物できるように清掃す    る。 (3) 心が荒まないように、場を清める。 3.整 理 (1) 必要最小限度まで要らない物、要らない見え    る化を捨てる。3000円以上の物を捨てる場    合は、業態幹部に稟議を通す。 (2) 要不要は、「使っている」か「使ってない」かで、    過去6ヶ月間の使用状況で判断する。 (3) 倉庫在庫の処分は社長の許可を得てから行う。 4.整 頓 (1) 物を置くときは、置き場を決めて向きを揃え    る。 (2) 使用頻度で常時、随時、一時に分け、置き場    を決める。 5.清 潔 (1) 環境整備点検シートの変更に応じて作業計画    表を変える。
94
前のページ 次のページ