2019年11月17日

【改善の達人第三号】~「不明品」を貯めない環境整備術~

皆様こんにちは。

株式会社プリマベーラ
経営サポ―ト事業部 松田 幸之助
(マツダ コウノスケ)です。


改善の達人メールマガジンをいつもお読みいただき
ありがとうございます。

さて、プリマベーラでは「Googleスライド」を使い倒して

「社内教育」や「情報共有」をしております。

特に社長や事業部長が伝えたことを「まとめあげる」事によって

会議や勉強会のときにそのまま利用できて、

勉強会の資料作成時間が短くなったり、伝えたいことが「ブレなく」なったり

します。

社長として伝えたいことが「どうも伝わらない」

日々の業務や勉強会を「仕組み」にして「積み上げていきたい」

という社長様はぜひGoogleスライドを活用していただければと思います。

日々の業務が「一度きり」で終わるよりも「積み上げて」資産にする。

そんな事をコツコツと行っています。

 


【今週の目次】
1.松田幸之助によるプリマベーラの近況レポート
2.成果効率の上がるデジタルガジェット紹介コーナー
3.改善①【不明品を貯めない環境整備術】
4.改善②【パソコンのゴミ箱を自動「整理」する方法】
5.メルマガ会員限定動画~業績を上げるシンプルな思考法~
6.吉川充秀の質問返答コーナー
7.今週の改善レポート


下記から改善事例をご紹介させていただきます。


デジタルガジェット紹介コーナー
【SNS写真アップの一手間を減らす
モザイクアプリ】

ホームページやSNSで「写真」を上げるときに「手間」になるのが
お客様のお顔などにモザイクを入れる作業。
プリマベーラでもSNSでの発信を強化しているので、
モザイク処理作業に地味に時間がかかっていました。

その時間を削減できないかと、調べてたどりつたアプリがこの
「ぼかし&モザイク加工アプリ」です。

機能や使い方はいたって簡単です。
「モザイク」をかけたい写真を選んで「なぞるだけ」。
パソコンも使わず、「簡単」にモザイク加工をすることが可能です。

iPhone用
https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%A2%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%82%AF-%E3%81%BC%E3%81%8B%E3%81%97-%E3%83%A2%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%82%AF%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E3%82%A2/id964220645?mt=8

Android用
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.pointblur.android.app.quick&hl=ja


改善①【不明品を貯めない環境整備術】

プリマベーラでは「inbox」を下記のように定義しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【inbox】 59
一時置き場のことです。ここに情報もモノも集中をさせて、
振り分けることで仕事が劇的に改善されます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プリマベーラの「Evernote経営」をご存知の方は、
すでに「inbox」の考え方はご存知だとは思いますが
この「inbox」という考えは、「一時置き場」になります。

一拠点あたりの「従業員数」が多いほど「これってなに?」
というような「書類」や「モノ」が出てくることが多い
のではないでしょうか?

その「不明品」対して、その都度上司に「確認」したり、
「とりあえず放置」してしまうとどんどん「不明」なモノが
溜まってきてしまいます。

そこでプリマベーラで行っている改善が「不明品inbox」を
作って、とりあえずわからないものは「不明品inbox」に集めるという事を行っています。
「これなんだろう?」「誰のものだろう?」というものは
一旦この「不明品inbox」に入れて定期的に「上司」が確認して
「振り分け」をしていっています。

その結果「これなんだろう?」と「悩む」時間や確認する時間がなくなり、
後日上司がしっかりと振り分ける事によって、「モノ」や「情報」をしっかりと処理することが可能になります。

 


編集後記

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

プリマベーラでは「デジタルガジェット」を上手に活用して、
成果効率アップにつなげております。

世の中に「溢れている」デジタルガジェットの中から、
今後も「使える」デジタルガジェットをメールマガジンを通じて
ご案内させていただきますので、楽しみにしていただければと思います。

次号改善の達人でお会いできるのを楽しみにしています!

編集長:吉川充秀
編集:松田幸之助

 

 

single