2019年11月30日

【改善の達人第十五号】

皆様こんにちは。
株式会社プリマベーラ
経営サポ―ト事業部 松田 幸之助
(マツダ コウノスケ)です。

10月末に台風の影響で浸水した長野のお店の
復興支援へ行ってきました。
行って衝撃、思った以上に被害があったみたいで
お店の中まで泥だらけ。

什器もダメになってしまったので、
みんなで一緒に復興に向けて準備。

下水も混じっているからか、匂いも強烈。
しかしみんな前向きにお掃除。

目は臆病でも、手は勇気がある
を改めて実体験。
何が混ざっているかよくわからない泥や水を
みんなで処理しました。
※写真を貼ろうと思いましたが、自主規制しました…。

この台風からの教訓で、
今後新店を出すときは「ハザードマップ」も確認することに決定。
マイホームを購入する人にも、ハザードマップを確認したほうがいいですよと、社内で共有。
起きた出来事から学び、復興に向けて進んでいきます!

 

【今週の目次】

1.松田幸之助によるプリマベーラの近況レポート
2.吉川充秀の紙面ベクトル勉強会
3.代表吉川充秀による改善事例紹介
~え、なんで自分がやらなきゃいけないんですか?
と言われなくなる見える化~
4.※有料版のみ口コミが広がっていく
「バイラルマーケティング」手法
5.※有料版のみ改善①【清掃時間を効率化する床モップがけルート表】
6.※有料版のみ代表吉川充秀による改善事例紹介
~探すのが面倒…がなくなるEvernoteのショートカット活用術~
7.編集後記


▼改善活動のマンネリ防止に役立つ
有料版登録はこちら
いまなら初月500円

メールマガジン購読申し込みページ

~吉川充秀の紙面ベクトル勉強会~


150 【環境整備(2)】
①仕事がやりやすい環境を整えて備えることです。
②クレンリネスのことです。
お客様が気持ち良く買い物できるように清掃することです。

環境整備点検は基本的にこの2つです。
1 お客様のために、売場をキレイにする。
2 私たち従業員のために、作業がしやすくする。


環境整備点検の項目には、この2つが基本的にはいっています。
キレイにする項目か、整頓などの作業がしやすくなる項目か
です。今日一緒にまわった、美容室の会社さんは、
「美化活動のようになってしまっている」とのこと。
そして、環境整備点検項目が、開始して以来、一度も変化がないとのこと・・・。

環境整備とは、
「環境」を整備するのです。私たちをとりまく経営環境も、
お客様も、私たちの仕事の内容もどんどん変わっていきます。
なので、環境整備とは、まさしく変化対応であるはずなのです。

なのに、一度、環境整備点検シートを創ったら、
見直しをしないでそのまま・・・。これはもったいない。

とある会社のお客様がプリマベーラに来て、
幹部のみなさんがいいました。
「プリマベーラは環境整備が素晴らしい。そして、仕事をしやすい環境になっている」と。

つまり2の作業がしやすい環境創りを私たちはまずまずしているのです。
来ていただいた会社様は、都内で狭くて、カウンター内も動きづらいみたい。
それで、作業の能率がだいぶよくないようです。

環境整備はただの美化活動ではなくて、作業動線の改善がメインです。
そのことにより、どんどん仕事をしやすくする。変化に対応するのです。
みなさんも日々、気づいたことがあったら、環境整備を自店舗で進めてくださいね。
「掃除をして」ということだけじゃなくて、「作業動線の改善」をしてほしいということです。


今日の環境整備の改善MVPの3つはまさに、そこの作業動線の改善を実行していました。やるなあ。

環境整備=お掃除じゃないですからね。

環境整備で、仕事がどんどんやりやすくなってその結果、
お客様にもっと喜ばれる仕事に時間が割けて、結果売上が上がる。
これが最高のパターン。本来の環境整備、それに沿ってやっていきましょうね、
みんなで♪

代表取締役吉川充秀

 

下記から改善事例をご紹介させていただきます。

代表吉川充秀による改善事例紹介
~え、なんで自分がやらなきゃいけないんですか?と言われなくなる見える化~

 

編集後記

長野の復興支援へ行ったとき
沢山のボランティアの方もいらっしゃいました。
お店の前の泥をスコップでどかしてくださったり、
什器の搬出も手伝ってくださったり、
本当に感謝です。

わたし自身被災地に行って作業するということは
初めてだったので、色んな気付きがありました。
作業中に避難警報が一斉になったときにはさすがに
ビックリしましたが…。

自社のお店以外でも自分ができる復興支援を
考えて少しでもお役に立つようにしていきます。


今週も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回の改善の達人が少しでも経営のヒントになれれば嬉しく思います。

編集長:吉川充秀 
編集:松田幸之助



 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 
 

 

single