2019年11月24日

【改善の達人第十号】

皆様こんにちは。
株式会社プリマベーラ
経営サポ―ト事業部 松田 幸之助
(マツダ コウノスケ)です。

7月30日(水)に「社内会社説明会」を開催致しました。

この社内会社説明会は
社内の「パート・アルバイト」さんへ向けた
会社説明会となっております。

キャリアのステップアップを
目指しているスタッフさんや、
正社員を目指しているスタッフさん向けに開催しております。

約10年以上続けている取り組みなのですが、
今年は政策勉強会にて、新しい正社員登用の
話をすると伝えていたので、
「過去最大」の従業員さんが参加してくれました。

50名以上の参加者が集まったので、
会場にも入り切らず立ち見も出来るほどに…。



参加してくれた従業員さんからは、
「次の目標が明確になった」
「6年努めていたが、上を目指す決心がついた」
など前向きな言葉をいただきました。




プリマベーラの全社でみると、内部登用率は7割。
私、松田幸之助もアルバイトからスタートしました。

この社内会社説明会は大きく分けて
6つのパートに分かれています。

1.社長が明るいビジョンといかに
「働く人の幸せを考えているか」
という理念を現場のスタッフ向けに話す。

2.幹部が、正社員・準社員に登用されるポイントを話す。
 
3.総務経理社員が、給料、賞与、福利厚生がどのくらい
正社員・準社員になると上がるかという話をする。

4.そして、多角化しているたくさんの事業を紹介する。

5.実際に登用されて正社員・準社員になったスタッフが
体験談を話す。

6.質疑応答を行い、疑問を払拭する。

このような流れで約2時間開催しております。

こちらの社内会社説明会は
DVDも販売されておりますので、
ご興味のあるお客様はぜひご覧ください。

▼社内会社説明会解説DVD詳細はコチラ
https://pmm.co.jp/product/%e3%80%90dvd%e3%80%91%e7%a4%be%e5%86%85%e4%bc%9a%e7%a4%be%e8%aa%ac%e6%98%8e%e4%bc%9a%e8%a7%a3%e8%aa%acdvd

 

 

【今週の目次】
1.松田幸之助によるプリマベーラの近況レポート
2.吉川充秀の紙面ベクトル勉強会
3.代表吉川充秀による改善事例紹介
~Evernoteを使った重要情報の共有方法~
4..改善①【繰り返し業務の実行確率を上げるシンプルな見える化表】
5.改善②【環境整備点検で高得点を取るためのプレチェックの仕組み】
6.代表吉川充秀による改善事例紹介
~店長が実践したランチェスター戦略具体例~
7.編集後記

 

~吉川充秀の紙面ベクトル勉強会~


288【採用(1)】

最も大事な経営資源であるヒトの採用を
安易にする会社が多い。
企業は人で決まる。
採用で会社の命運が決まる。
だから社長が責任をもって
採用の最終決定をする。

以下、吉川による解説です。

経営資源は、「ヒト、ヒト、ヒト」
なんて言ったりします。
ヒトの採用で会社は決まるから、
その分、採用は慎重になります。
いろんな角度から考えて採用を決めます。
「このヒトは採用したら、
 プリマベーラで幸せになれるか?」
「このヒトを採用したら、
 プリマベーラの仲間たちは、楽しく働けるか?」
「このヒトと一緒に、働きたいと想うか?」
「このヒトが輝く仕事が、
 プリマベーラにはあるか?」
・・・
いろんな基準があります。
もちろん、本人の志望度もあります。
「働きたい」と言ってくれる人がいいですね♪
それが一つ目の基準。

二つ目は、その人の能力です。
たとえば優秀すぎて、プリマベーラに
合わない場合もあります。
プリマベーラが必要としている能力が、
足りない場合もあります。そのときには

「適性」がどうか、という判断軸で決めます。
向いているか、向いていないか。

三つ目は、プリマベーラで働く理由です。
「なぜ、プリマベーラなのか」です。
経営理念に賛同したのか、
リサイクルショップで働きたいのか、
それとも、「働く仲間に魅力を感じた」のか。

そのあたりを確認します。

大きくこの三つから
「このヒトがプリマベーラに入社したら・・・」
とイメージを膨らませます。

究極は、そのヒトもプリマベーラで
働くヒトも幸せを感じられる、
そんなヒトを採用しています♪

明日もそこはぶらさずにいきます♪

代表取締役吉川充秀

 

下記から改善事例をご紹介させていただきます。

代表吉川充秀による改善事例紹介
~Evernoteを使った重要情報の共有方法~

 

改善①【繰り返し業務の実行確率を上げるシンプルな見える化表】

 

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回の改善の達人が少しでも経営のヒントになれれば嬉しく思います。

編集長:吉川充秀 
編集:松田幸之助

single