【昨年対比】

対象:
方針:
教科:

用語解説

昨対。過去の自分や自店と比較する。業界の伸びに対して、わが社の伸びはどうかということが大切。昨年対比100%以上⇒お客様がYES、昨年対比100%以下⇒お客様がNOということ。

ベクトルカレンダー

過去の自分と比較しよう。過去の自店と比較しよう。昨年対比100%以上なら、お客様がYES、合格点です。 昨年対比100%以下なら、お客様がNOということです。そのまま受け止めて、さてどんな打ち手を出そうか?

動画解説

会員専用コンテンツです。

single-vector3