動画視聴商品であれば決済完了後、

24時間以内にご案内をさせて頂きます。

スマートフォンでご覧の方は左にスライドすると、
別の商品タイプをお選びいただきます。

<
オススメ!

【動画視聴単品】を購入する
購入特典:代表吉川による
コロナ禍での経営方針解説動画

【動画視聴+DVDセット】を購入する
購入特典:代表吉川による
コロナ禍での経営方針解説動画

【DVD単品】を購入する
購入特典:代表吉川による
コロナ禍での経営方針解説動画
生産性が上がる!
遠隔マネジメントの仕組みを公開
ディスコード活用セミナー(151分)
生産性が上がる!
遠隔マネジメントの仕組みを公開
ディスコード活用セミナー(151分)
生産性が上がる!
遠隔マネジメントの仕組みを公開
ディスコード活用セミナー(151分)
動画視聴単品 66,000円(税込) 動画+DVDセット 88,000円(税込) DVD単品 66,000円(税込)

皆様こんにちは。
経営サポート事業部の
輿石脩(コシイシシュウ)です。

 

私達プリマベーラは2020年12月時点で、
群馬・埼玉を中心とした北関東に43個の拠点持ち、

 

パート・アルバイトを含めた350名以上の従業員で
リサイクル事業を中心に運営しております。

 

最初は1つの古本屋から始まり、
20年で現在の規模に成長いたしました。

 

その20年のうち、直近11年で過去最高益を更新中。
11期連続の増収増益を達成しております。

 

拠点が増えれば、売上が増えるのは当たり前です。
しかし、経費は当然かかります。
その経費を回収し、損益分岐を超えられるのは、
仕組み化経営を進めてきたからこそだと考えています。

 

 

今回は私達の数ある仕組みの中でも、
今の社会に最適な、遠隔マネジメントに関する仕組み
ご紹介いたします。

 

今回ご紹介する内容は、
はじめはテレワークのノウハウとしてご紹介していました。
しかし、テレワークで活用できる仕組みは、
複数拠点を持って事業をされる企業様にも応用ができると気づいたのです。

 

テレワークとは、各自で違う場所に居て働く状態のことです。
自宅で働くことだけを指すものでは有りません。
個人でのテレワークのマネジメントも、
拠点間のマネジメントも同じ遠隔マネジメントです。

 

小売業がメインの私たちプリマベーラも、
テレワークをする本部社員だけではなく、
40以上ある拠点も含めて全てオンラインに常時繋いで働ける環境と
その仕組みを無料で作りました。

 

この仕組みは無料で始められるだけではなく、
年間1800万円の経費削減が可能なものです。

 

特に、複数拠点をお持ちで、拠点間でのコミュニケーション不足を
お感じの経営者様にお役立ち出来る内容です。
是非読み進めていただきたいと思います。




拠点間のコミュニケーション不足が招く、
マネジメントにおける問題点

テレワークに限らず、
社内に複数拠点をお持ちの企業様は、

 

遠隔マネジメントの仕組みが
事業成長において必須だと思います。

 

拠点の数だけ、
仕事の進捗、現場で起きていることの把握、人間関係・・・

 

など仕事上のコミュニケーションやマネジメントが
必要になってまいります。

 

それらが拠点の数だけ乗数となり業務が増えるものです。
日々の業務を進めつつ、ですので、
拠点間のコミュニケーションが不足しても不思議ではありません。

 

 

コミュニケーション不足の問題は、
拠点ができたらすぐに顕在化しないのも厄介なポイントです。

 

1つ2つの拠点では顕在化しないものの、
3つ4つと増えていき、
月日が経つにつれて徐々に齟齬が生じるようになります。

 


新たな拠点ができた当初は、
本部との連携を密にとって間違いが起こらないように
仕事を進めて行くものですが、

 

人は環境の動物です。
徐々に今の環境に順応していき、確認しなくても進めて大丈夫だろう。
と、判断をするようになります。

 


こうしてコミュニケーションが薄れていくのです。

本部の方向性とA拠点の方向性が角度にして1度ズレていると
ほんの小さなズレですが、
物事を進めていくに連れて小さな歪が少しずつ大きくなっていきます。

 

方向性のズレ=価値観の共有が出来なくなっていきます。
近くにいれば確認して済む問題も、
拠点が別になるだけで確認を怠ってしまうものです。

 

その結果、プロジェクトの練り直し。実行のやり直し・・
成果が出るまで時間がかかってしまい、効率とは程遠い世界に。

 

拠点間のコミュニケーションは、
会社の価値観共有という点において重要な要素だと言えます。

 


こういった背景もあってか、
テレワーク下での社員の生産性やコミュニケーションに
不安を覚える経営者は多いようです。

 

zoomのようなweb会議ツールは
ユーザー数が爆発的に増えていますが、

 

対面でコミュニケーションを取る機会を減らさないように
苦心していることの証拠のように思います。

 

今まで近くに居たけれど、
テレワークになり離れた場所からコミュニケーションを
取るようになったことで、

 

SlackやChatWorkのような
チャットツールを使っていたにも関わらず、
web会議ツールの使用頻度が高くなっているのかもしれません。

 

要因は、先に述べたとおり、対面でのコミュニケーション、
もしくは音声でのコミュニケーションの機会を増やすことと、
文字のコミュニケーションだけでは非効率と感じていることだと考えられます。

 

 

コミュニケーションにかかる時間もコストです。

 

文字だけでのコミュニケーションだと
会話のラリーが繰り返されてしまうのであれば、
音声や対面で伝えるほうが圧倒的に速いです。

 

効率的にビジネスコミュニケーションを取ることも
会社の仕組みとして作っておきたいものだと思います。

 


とは言え、先に挙げたweb会議ツールは、
ミーティングの度にURLを発行し相手に共有する手間がかかります。

 

もし、ミーティング相手が複数いたら有料でないと時間の制限も発生します。
自由に使いたい場合は経費がかかるものです。

 

効率的に最小の労力で最大の効果を得る為に、
手間や不要な経費は削るべき対象です。

 

月に数千円といっても、
アカウント数が増えたり、使う期間が長くなればなるほど、
経費と人件費が膨らんでしまいます。

 

そもそも、離れた場所で働いているのだから

-齟齬が出るのも、

-コミュニケーションに時間がかかるのも、

 

当たり前のこと。
直接会って話す機会を増やすしかない。
今できる中で働いていくしか無い。

 

そうやって諦めてはいませんか?

 

その当たり前は、もう古い常識だとしたら、
簡単に無料で効率的に働ける環境を作れるとしたら、
使ってみたいと思いませんか?

 

無料で使える! ゲーマー用アプリ
ディスコード活用のすすめ

理想は、不要な経費がかからず、
離れていても実際にオフィスに同席しているかのように、
コミュニケーションがとりやすい環境を
オンライン上に作れることではないでしょうか。

 

いわゆる仮想オフィスをオンライン上に作り、
どこに居ても仮想オフィスにアクセス出来る状態です。

 

それが可能なら、
家に居ても、カフェに居ても、出張先でもアクセス出来るので、
テレワークへの移行も簡単です。

 

そんな環境を可能にするのが、
今回ご紹介するディスコードというアプリを使った

遠隔マネジメントの仕組みです。

 


まず、ディスコードとは、
音声通話・ビデオ通話が無料で行えるもので、
アメリカで開発されたアプリです。

 

元はゲーム配信などの目的で作られたそうで、
ユーザー数はなんと2億5千万人以上と言われています。

 


ゲーム配信ソフトと遠隔マネジメントが
どう繋がるのかと申しますと、

 

ディスコードの特徴として、
幾つもの部屋を作れる為、会議室や個人のデスクなど全てを
オンラインの中で設計・利用が可能になります。

 

招待しないとアクセスできない為、
社外の人が急に入ってくることはありません。

 


例えば、同じオフィスに居れば、

「10時からAさんBさんCさんは会議室へ」

「この件はDさんが詳しいから会議室に呼んで」

「Aさん今ちょっと良いですか?」

そんな風にコミュニケーションが取れると思います。

 

ディスコードはこれと全く同じことが出来ます。

私達は、

・事業部毎
・エリア毎 もしくは業態毎
・個人のデスク
・会議室各種

など、大小約50個の部屋をオンライン上に作り、
web会議をしながら仮想オフィスとして運用しております。

 

実際に50個もの部屋のあるオフィスを借りるとなると、
賃貸であれば月に数百~千万円、購入しようとすると数億円もの
経費がかかりますが、
ディスコードは無料で作成が可能です。

 

PCも、各個人や各拠点にあるもので入れるので
追加でかかる経費は殆どありません。

 

更に、2億5千万人以上のユーザーがいるとお伝えいたしました通り、
多くの利用者がいるので、使い方は検索すれば
簡単に見つけられるというメリットもあります。

 

アメリカで開発されたものですが、
日本語対応されているので全く問題ありません。

 

 

同じようにweb会議ができるzoomでは、
紹介したような仮想オフィスは作れません。

 

ご存知かと思いますが、
zoomの場合は先に述べた通り、ミーティングをする度に、
部屋を作って参加者にURLを共有する必要があります。

 

会議が終わればそのURLは無くなり、
次の会議のときには再びURLを共有する。
非常に非効率だと言わざるを得ません。

 

 

ディスコードは常に決まった場所に会議室があり、
決まったデスクに人が常に居ます。

 

常に仮想オフィスにアクセスし続けられるので、
いつでも簡単に声を掛けられる環境です。

 

いつ誰が来るかわからないということは、
真面目に働いて社員に緊張感をもたせることも出来ます。

 

テレワークになると生産性が落ちる。
などと言われますが、
私達は落ちるどころか、移動時間がなくなった分、
生産性は上がっています。

 

もちろん、テレワークだけではなく、

-本部からA店にすぐに確認したい、

-○○エリアの責任者を集めて会議をする

 

そんな時にもディスコードなら直ぐに移動0で可能です。
複数拠点をお持ちの経営者様にオススメする理由が
おわかり頂けたでしょうか?

 

拠点の数が多ければ多いほど、
移動時間と移動距離は掛け算で増えますが、

 

それがディスコードを使えば、
極端に言えば0になるのです。

 

0になった時間を生産業務に充てられれば、
今まで以上に実施に時間を費やせます。

 

私達がディスコードを入れた結果、
生産性が上がった理由は正にこれです。

 

-拠点が増えると、各拠点とのコミュニケーションが希薄になる。

 

-本社の人たちは何を考えてるのか・・

 

-現地に確認しに行かないと・・

 

その働き方・コミュニケーション不足は
ディスコードを正しく活用できれば解決します。

 

遠隔マネジメントの仕組みが作れます。

 

ディスコードはユーザー数が多いため、
使い方は検索すればすぐに分かる。とお伝えいたしました。

 

使い方も大事ですが、もっと大事なのはどのように使うか。
つまり活用方法です。

 

ディスコードを活用した遠隔マネジメントの仕組みは、
私達が実践したからこそお伝えできます。

 

ChatWorkアカデミーによる、
従業員満足度中小企業部門日本一を獲得した
私達プリマベーラだからお伝えできる
マネジメントの仕組みを公開しております。

 

複数拠点があり、
各拠点でコミュニケーションが取れていない。
そうお感じの経営者様におすすめです。

 

是非、ご覧頂きたいと思います。

複数拠点をシームレスに繋げ、
コミュニケーションが円滑になる
Discordセミナー

1、プリマベーラの今期実績

– 会社概要

– 今期実績

– 経費削減の大きな要因とは?

2、ビフォーコロナとウィズコロナの働き方

– プリマベーラのニューノーマル

– ビフォーコロナの働き方

– ウィズコロナの働き方

– 削減できた経費内訳 オススメ!

– ニューノーマル実現の武器

3、DiscordでテレワークのDX化進める

– Discordとの出会い

– プリマベーラのテレワーク率

– 役職ごとのテレワーク実態

– テレワークで生産性は下がったか?オススメ!

4、Discordで仮想オフィスを作る

– Discordとは何か?

– なぜDiscordか?

– Discordの使い方

– 仮想オフィスをDiscordで創ろうオススメ!

– Discordの一日

– Discordを実際に何に使っているか?

– 役職別のDiscord活用

– Discord活用応用事例オススメ!

– Discordに関する方針抜粋オススメ!

– ZOOMと比べてDiscordの良いところ

– Discordのデメリット

5、Discordで成果を出す

– Discordのまとめ

– 社長の時間のウェート変更例

– Discordで効率と成果が上がる理由

– 決定サイクルとDiscordオススメ!

– 組織は無数の決定サイクルでできている

– プリマベーラがDX、テレワークを進める理由

– Discordに興味がある方へ

こんなお悩みの社長に
オススメです

-拠点が多いので幹部の交通費が経費を圧迫している

-各拠点との連絡が面倒。ホウレンソウを効率化したい。

-チャットツールだけだと伝わらなくて結局電話で話すことが多い。

-オンラインでの会議が上手くいっていない。

-ビデオ通話アプリが多すぎてどれを使えばいいかわからない

-テレワークで部下がサボっていないか気になる

-テレワークで返事のレスポンスが遅く業務効率が落ちている

-社内のデジタル化を安価で楽に進めたい

-テレワーク化を進めたいが生産性が落ちそうで不安

購入頂いたお客様の声

株式会社物流サービス 大谷内輝男 様

仮想オフィスとは、discordでリアル事務所と同じように

ちょっと声をかけたりできることだと、再定義できました。

早速社内でテストしてます。ありがうございます。

講師:吉川充秀

講師:吉川充秀から
皆様へのメッセージ

Discordで活用することで
遠隔マネジマントがしやすい環境を作る

-拠点間での情報のやり取りがスムーズになった。

-移動時間が無くなり、生産業務に使える時間が増える。

-就業時間が短縮されて会社の経費も従業員の生活も改善される。

-ホウレンソウがスムーズになり業務の進捗が段違いに。

-テレワークを進め会社の生産性が上がった。

-幹部の移動費が抑えられ交通費が100万以上カットされた。

-オンライン上でもコミュニケーションを円滑に行える。

-テレワークでメールやチャットをいちいち打たなくて良くなった。

-社内のテレワーク率が上がった。

-ビデオ通話アプリが統一され会議の準備が楽になった。

-部下のテレワークの管理がとても楽になった。

複数拠点をシームレスに繋げ、
コミュニケーションが円滑になる
Discordセミナーの気になるお値段

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

今回ご紹介致しました
複数拠点をシームレスに繋げ、
コミュニケーションが円滑になるDiscordセミナーは、

ウィズコロナで当たり前になりつつある
テレワークの生産性を高め
成果を出す事例を多く公開しております。

 

テレワークとは、各自で違う場所に居て働く状態のことですよね。
これは複数の拠点をお持ちの会社様にとっては日常のはずです。

 

「テレワーク」と聞くと「うちはやってないから関係ない」
と考える方が多いのですが、

 

実は、現業に活かせる事例が沢山あります。
それが今回ご紹介するDiscordセミナーです。

Discord セミナー動画のお値段は
66,000円(税込)とさせていただきます。


私達も全社員がテレワークをしているわけでは有りません。
小売業がメインですので、店舗勤務をしている従業員も大勢居ます。

そんな中でDiscordを使った仕組みを作り上げたのは、
複数拠点でのコミュニケーションとマネジメントを
飛躍的に改善することが出来、

尚且、今まで無駄に払っていた経費を0に出来たからです。


プリマベーラではDiscordを導入し
1800万円の経費を削減しました。

Discord導入に際してかかった経費は0円です。
1800万円の経費削減=1800万円の粗利益捻出と同義です。
そう考えると、66,000円は破格ではないでしょうか。

社会情勢が不安定な中、多くの企業が経費の削減を行っているところです。
消耗品の削減、コンサルの停止、外注の内製化・・・
色々な手段で経費削減をしていることと思います。

それも全て、会社存続の為ではないでしょうか。
新しいツールを導入する=経費がかかる。とお考えの方は多くいらっしゃいますが、

Discordは無料で使えるツールですので、
その心配もございません。

 

皆様の経営にもお役立ちできると考えております。
是非ともご覧頂きたい内容です。

【今だけの限定特典】

特典①

 プリマベーラの経営会議
 見学セミナーに半額でご招待。

経営会議解説セミナー動画を
ご覧頂いたお客様から、
「実際の会議を見学したい」
そんなお問い合わせを頂きました。

 

折角セミナー動画をご覧頂いたのであれば
他のお客様よりもお得にご案内をさせて頂きたい。

 

そう考えて、
通常200,000円(税込)頂いている
セミナーに100,000円(税込)でご招待
できるようにさせて頂きます。

 

実際の経営会議に参加して、
会議後の吉川の仕事を見て頂けます。

 

また、最後に1時間吉川への何でも質問会もございます。

 

会議で疑問に思った事だけではなく
経営相談などされる経営者さまもいらっしゃいます。
なんでも質問OKですので、
聞きたいことを聞いて頂ければと思います。

※こちらの見学セミナーは、
 社長のかばん持ち
 オンラインセミナーとして
 オンラインで開催しております。



特典②

プリマベーラが

テレワークを導入する
きっかけとなったコロナウィルス。

吉川の話す、
ウィズコロナの状況での
「テレワークを植えつかせる
ニューノーマルの考え方」
プチセミナー動画をプレゼント致します。


なかなか根付きづらいテレワーク。
プリマベーラではどのようにして
根付かせて行ったのかをご紹介しております。


テレワークがなかなか定着しないという
経営社様は是非ともご活用ください。

この期間でのご決断を
おススメいたします。

動画視聴商品であれば決済完了後、

24時間以内にご案内をさせて頂きます。

スマートフォンでご覧の方は左にスライドすると、
別の商品タイプをお選びいただきます。

<
オススメ!

【動画視聴単品】を購入する
購入特典:代表吉川による
コロナ禍での経営方針解説動画

【動画視聴+DVDセット】を購入する
購入特典:代表吉川による
コロナ禍での経営方針解説動画

【DVD単品】を購入する
購入特典:代表吉川による
コロナ禍での経営方針解説動画
生産性が上がる!
遠隔マネジメントの仕組みを公開
ディスコード活用セミナー(151分)
生産性が上がる!
遠隔マネジメントの仕組みを公開
ディスコード活用セミナー(151分)
生産性が上がる!
遠隔マネジメントの仕組みを公開
ディスコード活用セミナー(151分)
動画視聴単品 66,000円(税込) 動画+DVDセット 88,000円(税込) DVD単品 66,000円(税込)

追伸

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「Discordなんてアプリ聞いたコト無い。」

「そんなアプリを会社で使って大丈夫?」


心配になる気持ち、とてもよく分かります。

 

私達がDiscordを使い始めたのは、
緊急事態宣言発令後から1ヶ月弱が経過した頃でした。

本部社員は出勤を停止し、テレワークでの勤務となったことで、
最初はzoomやGoogleMeetを使って行っておりました。

それは、メジャーなツールでみんな使っているから安心。
というのが1番の理由です。

 

ただ、使っていると違和感を覚えました。
普段、オフィスで時間と場所を共有していたのに、
急に孤独になってしまった。

今までなら相談しやすかったのに、
テレワークになった途端に相談がしづらくなっていたのです。

物理的な距離と心の距離がリンクしてしまったのだと思います。


そんな背景が有り、ほかのツールを探していたところ
Discordに出会い使い始めました。

 

私達の事例はテレワークがきっかけですが、

 

皆様の会社でも同じ感情を持ったことがある従業員は居るはずです。
例えば、拠点が増えていく中で創業当初からいる社員の方。

 

1つの事務所・同じオフィス内でいつも顔を合わせて働いていたけれど、
会社の規模が大きくなり拠点が増えていくと、
今まで距離が近かった同僚・先輩・後輩との距離が少しずつ開いていく。

そんな感覚を持たれたことがあるのではないでしょうか。
もしかしたら今ご覧いただいている社長自身も
そうお感じになることがあるかもしれません。

 

Discordなら、その距離も0にしてくれます。
場所と時間を共有していた頃のように、
話しやすい環境を仮想オフィスという形で作ることが出来ます。

特に複数の拠点をお持ちの経営者様にとっては、
お役立ち出来る内容です。

動画視聴商品であれば決済完了後、

24時間以内にご案内をさせて頂きます。

スマートフォンでご覧の方は左にスライドすると、
別の商品タイプをお選びいただきます。

<
オススメ!

【動画視聴単品】を購入する
購入特典:代表吉川による
コロナ禍での経営方針解説動画


【動画視聴+DVDセット】を購入する
購入特典:代表吉川による
コロナ禍での経営方針解説動画


【DVD単品】を購入する
購入特典:代表吉川による
コロナ禍での経営方針解説動画
生産性が上がる!
遠隔マネジメントの仕組みを公開
ディスコード活用セミナー(151分)
生産性が上がる!
遠隔マネジメントの仕組みを公開
ディスコード活用セミナー(151分)
生産性が上がる!
遠隔マネジメントの仕組みを公開
ディスコード活用セミナー(151分)
動画視聴単品 66,000円(税込) 動画+DVDセット 88,000円(税込) DVD単品 66,000円(税込)
page