ここに見出しテキストを追加

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

経営計画書は多くの企業、もしかしたら殆どの企業が作られていることでしょう。
会社の理念、事業計画、経営方針etc…
経営者の皆さまが今後の経営計画を時間をかけて書き記した、社外秘の書だと思います。

 

しかし、作っている会社は多くあっても
”使っている”会社は多くないように感じます。

 

-作ってるけど、使うタイミングなんて無い。

-引き出しに入れたままで何年・何ヶ月も出してない。

-銀行訪問の時くらいしか使ってないな。

-社員に渡したところでどうせ開きもしないだろう。

-経営計画書の内容を社員は理解出来ないんじゃないか。

 

沢山の経営者の方々とお話してみて、
こんなお声を多く拝聴してきました。


作るけど、使ってない。それが現状のようです。
皆様はいかがでしょうか?
経営計画書を”使う”ことは出来ておりますでしょうか?

 

 

その経営計画書ですが、何の為に存在しているのでしょうか。

✔計画通りか、修正が必要か、検証し事業を成長させる為。

✔会社の経営方針を明記し、従業員に理解してもらう。

✔長期的な視点で会社の進むビジョンを明確にする。

などなど、企業によって目的に多少の違いはあれど、
経営計画書は会社を良くするために存在するものだと言えます。

 

それでは経営計画書が存在すれば良いのかというと、そうではありません。
折角作った経営計画書も”使わなければ”ただのノートです。

 

経営計画書は、社長が会社の未来を想像し、
従業員が今後もこの会社で働き続けたい

思えるように魂を込めて作成したもののはずです。
道具として使わないのはもったいないではありませんか。

そもそも、経営計画書を道具として使う理由は何か?

経営計画書とは、社長がこういう会社にしたい。こんな成長を遂げたい。
という想いを形にしたもののはずです。

会社を成長させるのであれば、所属する社員が、
社長が思い描くビジョンに向かって働いてもらう必要があります。

 


-社長1人で会社を動かせているわけではありません。

-社長1人で会社が成り立っているわけではありません。

 


社長の打ち出した方針を、社員が実行して初めて利益が生まれます。
その繰り返しで会社が成長するのではないでしょうか。
それでは、社長の思い描くビジョンをどのように社員に伝えたら良いのか。
経営計画書を使って伝えれば良いのです。

 

 

経営計画書は、会社のルールブックと言われます。
働く従業員が何をしたら良いのか。また、何をしては行けないのか。
これを明確にすることで、社長の描くビジョンを共有し、
社員が迷いなく働けることが理想です。

 

経営計画書を道具とする理由は、
社長のビジョンを社員と共有することにあるのです。

そうは言っても、
「ウチはそんなこと必要ないよ。」

-ただ事業計画を記したもの。

-会社のパンフレット代わりになれば良い。

-とりあえず作ったものだから。

という企業様もいらっしゃるかもしれません。
それであればいつか必要なときに使われる時が来るかもしれません。

 


しかし、会社を良くするために作ったのであれば、
経営計画書が道具として使われるように作らなければいけません。
どうせ作るのであれば道具として使えるものを作らないともったいない。
12年以上、毎年経営計画書を作り変えてきたからこそ、心の底からそう思います。

 

 

語弊を恐れずに申しますと、
経営計画書をただ作るだけであれば難しくはありません。
経営計画書の作成で最も難しいのは、使われるように作ることです。
そこで挫折する方が本当に多くいらっしゃいます。

 

 

いつ・誰に・どのように使ってもらうのか。
経営計画書には使われる為の仕組みが必要です。

 

 

私たちは、その仕組み・ノウハウを作り上げたからこそ、
経営計画書を12年以上、毎年作り変えても道具として使える文化が育ち、
衰退産業においても11期連続増収増益を達成できています。

経営計画書は多くの企業が作られていることでしょう。
会社の理念、事業計画、経営方針etc…
経営者の皆さまが今後の経営計画を
時間をかけて書き記した社外秘の書だと思います。

 

しかし、作っている会社は多くあっても
”使っている”会社は多くないように感じます。

 


-作ってるけど、使うタイミングなんて無い。

-引き出しに入れたままで何年・何ヶ月も出してない。

-銀行訪問の時くらいしか使ってないな。

-社員に渡したところでどうせ開きもしないだろう。

-経営計画書の内容を社員は理解出来ないんじゃないか。

 


沢山の経営者の方々とお話してみて、
こんなお声を多く拝聴してきました。


作るけど、使ってない。それが現状のようです。
皆様はいかがでしょうか?
経営計画書を”使う”ことは出来ておりますでしょうか?

 

その経営計画書ですが、
何の為に存在しているのでしょうか。

✔計画通りか、修正が必要か、検証し事業を成長させる為。

✔会社の経営方針を明記し、従業員に理解してもらう。

✔長期的な視点で会社の進むビジョンを明確にする。

などなど、企業によって目的に多少の違いはあれど、
経営計画書は会社を良くする為に存在するものと言えます。

 

それでは経営計画書があれば良いのか
というと、そうではありません。

折角作った経営計画書も”使わなければ”ただのノートです。

 

経営計画書は、社長が会社の未来を想像し、
従業員が今後もこの会社で働き続けたい

思えるように魂を込めて作成したもののはずです。
道具として使わないのはもったいないではありませんか。

そもそも、経営計画書を道具として使う理由は何か?

経営計画書とは、
社長がこういう会社にしたい。こんな成長を遂げたい。
という想いを形にしたもののはずです。

会社を成長させるのであれば、所属する社員が、
社長が思い描くビジョンに向かって
働いてもらう必要があります。

 


-社長1人で会社を動かせているわけではありません。

-社長1人で会社が成り立っているわけではありません。

 


社長の打ち出した方針を、
社員が実行して初めて利益が生まれます。

その繰り返しで会社が成長するのではないでしょうか。

 

それでは、社長の思い描くビジョンを
どのように社員に伝えたら良いのか。

経営計画書を使って伝えれば良いのです。

 

 

経営計画書は、会社のルールブックと言われます。
働く従業員が何をしたら良いのか。
また、何をしては行けないのか。

 

これを明確にすることで、社長の描くビジョンを共有し、
社員が迷いなく働けることが理想です。

 

経営計画書を道具とする理由は、
社長のビジョンを社員と共有することにあるのです。

そうは言っても、
「ウチはそんなこと必要ないよ。」

-ただ事業計画を記したもの。

-会社のパンフレット代わりになれば良い。

-とりあえず作ったものだから。

という企業様もいらっしゃるかもしれません。
その場合はいつか必要な時に使われると思います。

 


しかし、会社を良くするために作ったのであれば、
経営計画書が道具として
使われるように作らなければいけません。

 

どうせ作るのであれば、
道具として使えるものを作らないともったいない。

12年以上、毎年経営計画書を作り変えてきたからこそ、
心の底からそう思います。

 

 

語弊を恐れずに申しますと、
経営計画書をただ作るだけであれば難しくはありません。
経営計画書の作成で最も難しいのは、
使われるように作ることです。

そこで挫折する方が本当に多くいらっしゃいます。

 

 

いつ・誰に・どのように使ってもらうのか。
経営計画書には使われる為の仕組みが必要です。

 

 

私たちは、その仕組み・ノウハウを作り上げたからこそ、
経営計画書を12年以上、
毎年作り変えても道具として使える文化が育ち、

衰退産業においても11期連続増収増益を達成できています。

私たちがまだ経営計画書を作っていなかった頃は、
社員はそれぞれが自分なりのやり方で仕事をし、
やり方を工夫して働いてくれてました。

 

一見、自主性があり個性を伸ばして
仕事をしているように感じられるかもしれません。

しかし、会社のルールが伝わっていないから起きているとも考えられます。

 

先程も申しましたとおり、
経営計画書は社長の描くビジョンを書き記したものです。
そのビジョンが社員に伝わっていなければ、
達成される確率は限りなく0%に近いものではないでしょうか。

 

私たちはビジョンを共有できていなかった為に、
黒字と赤字を繰り返し非常に不安定な経営状況が続いていました。

 

そこで株式会社武蔵野の小山昇社長と出会い、
経営計画書を始めとした多くの仕組みを学び、
晴れて不安定な経営を脱却し、今では11期連続の増収増益を達成出来るほどに至りました。

 

それは経営計画書を作りビジョンを明確化したことと、
従業員と共有出来る仕組みを真似、自社なりにカスタマイズしてきたからです。

 

 

以前の私たちのように経営計画書を作らず、
社長と従業員の足並みが揃っていないとお感じであれば、
経営計画書を今スグに作ることをオススメします。
社長の頭の中や社長自身の手元にビジョンが描けていれば
それを形にすれば良いだけです。

 

私たちがお手伝いをさせて頂ければ
きっと思い描くビジョンを形に出来ると確信しています。
なぜなら、12年以上運用を続け、仕組みを磨き上げたことで
私たちには経営計画書作成のツボが分かるようになったからです。

私たちがまだ経営計画書を作っていなかった頃は、
社員はそれぞれが自分なりのやり方で仕事をし、
やり方を工夫して働いてくれてました。

 

一見、自主性があり個性を伸ばして
仕事をしているように感じられるかもしれません。

しかし、会社のルールが伝わっていないから起きている
とも考えられます。

 

先程も申しましたとおり、
経営計画書は社長の描くビジョンを書き記したものです。
そのビジョンが社員に伝わっていなければ、
達成される確率は限りなく0%に
近いものではないでしょうか。

 

私たちはビジョンを共有できていなかった為に、
黒字と赤字を繰り返し
非常に不安定な経営状況
が続いていました。

 

そこで株式会社武蔵野の小山昇社長と出会い、
経営計画書を始めとした多くの仕組みを学び、
晴れて不安定な経営を脱却し、
今では11期連続の増収増益を達成出来るほどに至りました。

 

それは経営計画書を作りビジョンを明確化したことと、
従業員と共有出来る仕組みを真似、
自社なりにカスタマイズしてきたからです。

 

 

以前の私たちのように経営計画書を作らず、
社長と従業員の足並みが揃っていないとお感じであれば、
経営計画書を今スグに作ることをオススメします。
社長の頭の中や社長自身の手元にビジョンが描けていれば
それを形にすれば良いだけです。

 

私たちがお手伝いをさせて頂ければ
きっと思い描くビジョンを形に出来ると確信しています。
なぜなら、12年以上運用を続け、仕組みを磨き上げたことで
経営計画書作成のツボが分かるようになったからです。

【経営理念×長期事業構想×経営方針が一気通貫】

多くの企業様の経営計画書には、
経営理念・企業理念があり、
事業計画・長期事業構想があり、
各経営方針が記載されていると思います。

 

これらは全て関連している必要があります。
経営理念を叶える為の長期事業構想を作り、
長期事業構想を達成する為の経営方針を作る。
この3つが一気通貫となっていなければなりません。

 

このような設計になっていれば、
あとは社員が”使ってくれれば”

社長のビジョンを社員と共有できるようになるでしょう。

 

繰り返しになりますが、重要なのは、
道具として使うようにするにはどうしたら良いかです。
社員が働くときに経営計画書を見る仕掛けを作れば良いのです。
その仕組み作りに私たちは絶対の自信を持っています。

経営理念×長期事業構想×経営方針が一気通貫

多くの企業様の経営計画書には、
経営理念・企業理念があり、
事業計画・長期事業構想があり、
各経営方針が記載されていると思います。

 

これらは全て関連している必要があります。
経営理念を叶える為の長期事業構想を作り、
長期事業構想を達成する為の経営方針を作る。
この3つが一気通貫となっていなければなりません。

 

このような設計になっていれば、
あとは社員が”使ってくれれば”

社長のビジョンを社員と共有できるようになるでしょう。

 

繰り返しになりますが、重要なのは、
道具として使うようにするにはどうしたら良いかです。
社員が働くときに経営計画書を
見る仕掛けを作れば良いのです。

その仕組み作りに私たちは絶対の自信を持っています。

仕組み化経営コンサルタントの代表吉川は、
数年前から株式会社武蔵野主催セミナーにて
経営計画書のチェック講師として、
年間数十社の経営計画書を添削しています。

 

それだけ多くの企業を見ていると、
業績が好調な企業もあれば不調な企業もあります。

チェック講師をしてると好不調な企業の経営計画書に
共通点を見つけたのです。

 

その仮説を自社の経営計画書で検証を繰り返したことで、
経営計画書を作るツボに気づくに至りました。

 

それだけではなく、代表の吉川は自他共認める経営計画書ヲタクです。
吉川の師匠である株式会社武蔵野小山昇社長の経営計画書を始めとして、
本当にたくさんの経営計画書を見てきました。

人の何倍もの経営計画書を見て気づきを得てきたからこそ、
私たちの経営計画書は精度が高く、成果の出た方針の数は年々増えています。

 

私たちの経営計画書が良くなったのは企業の皆様のお陰ですので、
その恩返しとして経営計画書作成ノウハウを共有することに致しました。

仕組み化経営コンサルタントの代表吉川は、
数年前から株式会社武蔵野主催セミナーにて
経営計画書のチェック講師として、
年間数十社の経営計画書を添削しています。

 

それだけ多くの企業を見ていると、
業績が好調な企業もあれば不調な企業もあります。

チェック講師をしてると好不調な企業の経営計画書に
共通点を見つけたのです。

 

その仮説を自社の経営計画書で検証を繰り返したことで、
経営計画書を作るツボに気づくに至りました。

 

それだけではなく、
代表吉川充秀は自他共認める経営計画書ヲタクです。

 

代表吉川充秀の師匠である
株式会社武蔵野小山昇社長の経営計画書を始めとして、

本当にたくさんの経営計画書を見てきました。

人の何倍もの経営計画書を見て気づきを得てきたからこそ、
私たちの経営計画書は精度が高く、
成果の出た方針の数は年々増えています。

 

私たちの経営計画書が改善されたのは皆様のお陰です。
その恩返しとして経営計画書作成ノウハウ
共有することに致しました。

DVDを買ったのですが、
バタバタしていたので正月にみることにしました。
1月1日正月に初もうでから帰ってきて見ました。

濃い内容が満ち溢れており、怒涛の学びでした!
経営計画書7冊目なのに、全然わかっていなかった!!
DVDから目を離せず正月から家族から見放されそうでした。

成果が上がった方針、使い方、考え方が満載。
経営計画書は、三位一体だったことすら知らず。
経営計画書の方針の整理整頓の考え方を学び
社員さんに使ってもらうポイントも山盛り

経営計画書の構造、戦略確立×実行確立、経営計画書、
チャットワーク、エバーノート、日報の連動、
学びが多すぎて、何度も見ました。

これはすごいです!! 人生が変わります。
いや、この学びを活かして変えます。
ありがとうございます。感謝
株式会社モリエン
代表取締役 森一朗様
値段も少ししましたが、思い切って買ってみました。
そしてとにかく繰り返し聴きました。

沢山の吉川社長の ユニークな方程式、
エッセンスが詰まっていたと思います。
ユニークな方程式の中で、経営に行き詰った時に
地図のような物を手に入れる事が出来た気がしました。

吉川社長が学んだエクセレント企業の社長からの
ノウハウも学ぶことができました。
経営計画書の構造や、経営計画書の整理整頓。
何故その方針がいるのか等、説明がシンプルで分かりやすく、
社員にも僕が仮に説明する時に、
分かりやすく説明できるヒントが沢山有ると思っています。

説明がとくにシンプルでムダがなく、わかりやすかったです。
比較的早い段階で、このDVDと出会えて良かったです。
何より今期の経営計画書を作るのが凄く楽しみになりました。


株式会社日大
代表取締役 梅原鎮宇様
DVDを買ったのですが、
バタバタしていたので正月にみることにしました。
1月1日正月に初もうでから帰ってきて見ました。

濃い内容が満ち溢れており、怒涛の学びでした!
経営計画書7冊目なのに、全然わかっていなかった!!
DVDから目を離せず正月から家族から見放されそうでした。

成果が上がった方針、使い方、考え方が満載。
経営計画書は、三位一体だったことすら知らず。
経営計画書の方針の整理整頓の考え方を学び
社員さんに使ってもらうポイントも山盛り

経営計画書の構造、戦略確立×実行確立、経営計画書、
チャットワーク、エバーノート、日報の連動、
学びが多すぎて、何度も見ました。

これはすごいです!! 人生が変わります。
いや、この学びを活かして変えます。
ありがとうございます。感謝
株式会社モリエン
代表取締役 森一朗様
値段も少ししましたが、思い切って買ってみました。
そしてとにかく繰り返し聴きました。

沢山の吉川社長の ユニークな方程式、
エッセンスが詰まっていたと思います。
ユニークな方程式の中で、経営に行き詰った時に
地図のような物を手に入れる事が出来た気がしました。

吉川社長が学んだエクセレント企業の社長からの
ノウハウも学ぶことができました。
経営計画書の構造や、経営計画書の整理整頓。
何故その方針がいるのか等、説明がシンプルで分かりやすく、
社員にも僕が仮に説明する時に、
分かりやすく説明できるヒントが沢山有ると思っています。

説明がとくにシンプルでムダがなく、わかりやすかったです。
比較的早い段階で、このDVDと出会えて良かったです。
何より今期の経営計画書を作るのが凄く楽しみになりました。


株式会社日大
代表取締役 梅原鎮宇様
目標達成する為の方針の順序立て、
社員のモチベーションを上げ方針の理解と
実行に繋がる仕組みが満載です。


実際に使用している経営計画書と
解説DVDとレジュメにより非常に理解しやすいです。


経営計画書を経営の道具として使いこなしたい、
成果を出したい経営者には
多くの気付きの切っ掛けを与える事でしょう。


株式会社本村
代表取締役 本村真作様
社内の勉強会で狭く深く愚直に経営計画書の説明をしました。
すると幹部から
「この方針はこのような理解いいですか?」
「ここを重点に説明してください」
「部下を教育するには経営計画書があった方が指導しやすい。」
などの意見があり、少しではあるが社員、パートさんが
経営計画書を道具として活用できてきたのかな?

参考になったことは、 経営計画書の構造(ピラミット型)の説明、
そして目次の順番(方針の順番、分け方) 長期事業構想、
お客様、商品に関する方針に8割のエネルギーを注ぐ。
今にこの時期に(迷った時)必要なピンポイントで学べる。
吉川さんの優しい話し方が理解しやすい。

株式会社北斗
代表取締役 神元良憲様
目標達成する為の方針の順序立て、
社員のモチベーションを上げ方針の理解と
実行に繋がる仕組みが満載です。


実際に使用している経営計画書と
解説DVDとレジュメにより非常に理解しやすいです。


経営計画書を経営の道具として使いこなしたい、
成果を出したい経営者には
多くの気付きの切っ掛けを与える事でしょう。

株式会社本村
代表取締役 本村真作様
社内の勉強会で狭く深く愚直に経営計画書の説明をしました。
すると幹部から
「この方針はこのような理解いいですか?」
「ここを重点に説明してください」
「部下を教育するには経営計画書があった方が指導しやすい。」
などの意見があり、少しではあるが社員、パートさんが
経営計画書を道具として活用できてきたのかな?

参考になったことは、 経営計画書の構造(ピラミット型)の説明、
そして目次の順番(方針の順番、分け方) 長期事業構想、
お客様、商品に関する方針に8割のエネルギーを注ぐ。
今にこの時期に(迷った時)必要なピンポイントで学べる。
吉川さんの優しい話し方が理解しやすい。

株式会社北斗
代表取締役 神元良憲様

仕組み化経営コンサルタント
株式会社プリマベーラ代表取締役吉川充秀

経営計画書を中心とした仕組み化経営を駆使し、
北関東を中心にリサイクル事業現在42拠点にて展開。

フランチャイズ加盟店で郊外店として異例の全国1位を16回獲得。
2014年チャットワークアカデミー社による社員満足度調査でも、
中小企業の部にて全国1位を獲得した。

中小企業の経営コンサルタント会社として有名な
株式会社武蔵野の開催するセミナーでは、
経営計画書チェック講師を務め
年間数10社以上の
経営計画書の添削を行う。

経営術や自己啓発をテーマとしたセミナー事業を展開。
代表作のEVERNOTE経営塾セミナーは累計受講者500名以上
そのノウハウをまとめたEVERNOTE経営塾DVDは6万円という
高額にも関わらずシリーズ累計300本以上を販売。

経営計画書作成の手引書として作成した
「経営計画書方針解説セミナーDVD」は
EVERNOTE経営塾よりも高額な10万円にも関わらず、
累計販売数は130本以上。

仕組み化経営コンサルタントとして発売している。
「仕組み化経営DVDシリーズ」も累計1300本以上を販売。

毎月7月に開催する経営計画発表会は、
日本経営品質賞を受賞した企業を含め、
全国から80社以上の経営者が見学に来る。

仕組み化経営コンサルタント
株式会社プリマベーラ代表取締役吉川充秀

 

経営計画書を中心とした仕組み化経営を駆使し、
北関東を中心にリサイクル事業現在42拠点にて展開。

FC加盟店で郊外店として異例の全国1位を16回獲得。
2014年チャットワークアカデミー社による
社員満足度調査でも中小企業の部にて全国1位を獲得した。

中小企業の経営コンサルタント会社として有名な

株式会社武蔵野の開催するセミナーでは、
経営計画書チェック講師を務め
年間数10社以上の
経営計画書の添削を行う。

経営術や自己啓発をテーマとしたセミナー事業を展開。

代表作のEVERNOTE経営塾セミナーは累計受講者500名以上
そのノウハウをまとめたEVERNOTE経営塾DVDは6万円という
高額にも関わらずシリーズ累計300本以上を販売。

経営計画書作成の手引書として作成した
「経営計画書方針解説セミナーDVD」は
EVERNOTE経営塾よりも高額な10万円にも関わらず、
累計販売数は130本以上。

仕組み化経営コンサルタントとして発売している。
「仕組み化経営DVDシリーズ」も累計1300本以上を販売。

毎月7月に開催する経営計画発表会は、
日本経営品質賞を受賞した企業を含め、
全国から80社以上の経営者が見学に来る。

page-lp