【DVD】EVERNOTE経営セミナー2019年度版

吉川充秀による2019年度版EVERNOTEセミナーを収録したDVDです。
今回のDVDでは「社長のチェック」の仕方について多めに時間を割いて解説をしています。

~これまでのセミナーでは~
【第1講】
主に情報の取り扱い方の原理原則を解説し、それをEVERNOTEでいかに上手に活用するか

【第2講】
経営者としてどうやって情報を集めて、EVERNOTEで振り分けて、チャットワークなどを使って社内に情報を展開していく手法

【第3講】
EVERNOTEのさらに深いマニアックな使い方を解説。「こんな使い方もEVERNOTEでできます」という事例の紹介

【第4講】
EVERNOTEを中心にグーグルアップス(現G-SUITE)を使って、どう仕組みを張り巡らせていくか

そして、EVERNOTEセミナー2016年版は、今から3年前、当時の最新の私のEVERNOTEの活用法を更新したものです。

■商品情報
DVD2枚組 

●収録時間
Disc1 73分
Disc2 74分

¥64,800
Qty :

説明

EVERNOTE経営塾2019年版DVD発売にあたって
株式会社プリマベーラ 代表取締役 吉川充秀

「EVERNOTE経営」をはじめて8年になりました。それ以来、経営のやり方も変え続けてきました。が、EVERNOTEを中心とした経営のスタイルは、一貫して変えていません。もはや、EVERNOTEなくして経営できない体質になってしまいました(苦笑)

さて、そんなEVERNOTEマニアの私に、今なお「EVERNOTEのことを教えてほしい」という依頼が絶えません。やはり、経営者にとって、情報の洪水に埋もれずに、どう上手に波乗りができるか、これは喫緊の課題だと感じます。

 

さて、EVERNOTE経営塾のDVDも今まで5巻発売してきました。

第1講では、主に情報の取り扱い方の原理原則を解説し、それをEVERNOTEでいかに上手に出来るかを伝えました。

第2講では、経営者としてどうやって情報を集めて、それをEVERNOTEで振り分けて、チャットワークなどを使って社内に情報を展開していくかを話しました。

そして第3講では、EVERNOTEのさらに深いマニアックな使い方を解説。「こんな使い方もEVERNOTEでできます」という事例をたくさん紹介しました。

第4講では、EVERNOTEを中心にグーグルアップス(現G-SUITE)を使って、どう仕組みを張り巡らせていくかの解説をしました。

そして、EVERNOTEセミナー2016年版は、今から3年前、当時の最新の私のEVERNOTEの活用法を更新したものです。

 

それから3年が経ちました。その三年間の間に、
EVERNOTEで「こんなことができる」というのをいくつか発見したのと、EVERNOTEを経営に使うとなぜ会社の経営がよくなるのかというのを、改めて気づいた点を、違う角度からお話をしています。

 

ずばり、EVERNOTE経営とは何か?
シンプルに言えば、

「EVERNOTEを使って、決定とチェックの精度を上げる経営」

スタイルのことです。
社長の仕事は「決定とチェック」がメインです。であれば、社長の決定のレベルと、社長のチェックのレベルがあがれば、会社はよくなります。そのレベルを上げるのに、うってつけの道具が、EVERNOTEなのです。

 

しかも、EVERNOTE経営が素晴らしいのは、社長一人が変われば済むことです。社員に、無理にEVERNOTEを使うことを強いなくてもいいのです。EVERNOTE経営は「一人で」できるスタイルですから。
社員のみなさんを「変える」のは大変なパワーがいります。ですが、社長自分自身を変えるのなら、いつでもできます。自分の意思次第です。それを、形にしてシステマチックに見える形で経営の決定、チェックのプロセスを進化されられるのがEVERNOTE経営です。
そして、社長一人が変われば会社が、実は変わります。中小企業は99%社長で決まりますから。その理由は、本編で。私なりの解説をしています(笑)

 

私自身、現在4事業部20業態、数多くの事業を展開していますが、それでも経営はおかげさまで、まずまず順調にまわっています。EVERNOTE経営の恩寵をもっとも受けている一人がまさに私です。情報を一カ所に集め、それを上手に整頓し、TPOに合わせて意思決定をして、片っ端からチェックしていく。社長としてのもっとも重要な中枢の決定とチェックの部分は、まさにEVERNOTE経営で回しています。

 

さて、今回のDVDでは、「社長のチェック」の仕方について、多めに時間を割いて解説をしました。発想力があって、変化を好む社長はいろんなことを思いつきます。ところが、発想をたくさん思いついて、「すぐやれ」と指示して、その後は尻切れトンボに・・・。そんなことが多々あるのではないでしょうか?

PDCAでいえば、「PLAN」をたくさん創って、「DO」で実行、そして、チェックしないからPD→PD→PD・・・でいつの間にか「あれどうなったっけ?」ばかりが増えてくるスタイルです。

 

社員のほうも、社長が「やれ」と言ってきたことを続けてやってきたのに、社長の興味の関心がいつの間にかなくなっていて、「あ、その仕事もういい、もういい、それよりもこっちやって」。そんなことになりかねません。私たちの会社もそんなことが多々ありました(苦笑)

これも、EVERNOTEを使って仕組みにしていくと、解決していきます。そんなノウハウもこのDVDのなかでお話しています。このDVDでは、社長としての私が実際に行っているチェックのやり方を、EVERNOTEでのチェックを中心にお話をしています。

 

また、情報のマネジメントの三段階である、
1 収集
2 処理
3 活用
この三つのプロセスで、最新の私の事例で、とくにうまくいったものだけをお話をしています。

 

オススメが情報処理ワザと、情報活用ワザです。
情報処理とは、EVERNOTEのノートブックの振り分けです。簡単にいうと情報の整頓です。EVERNOTEの使い方は、この整頓で決まります。この整頓の仕方も、社長として、成果が出る整頓のやり方と社長のものの見方・考え方を変える整頓のやり方、この二つにフォーカスしてお話をしています。いつも言いますが、私がEVERNOTEを使っているのは「効率」を上げることよりも「成果」を上げることに重点を置いています。社長自身が変わり、社長の決定の精度が上がる、そんなノートブックの分け方をぜひみなさんも活用してみてください。

 

そして、EVERNOTEに集めた情報をどう活用するか。
今回のDVDでは、社長の時間を大きく浮かせて、社内に情報を横展開する仕組みを公開しています。このワザを発見したときに、この情報活用ワザは、社内ではやりはじめ、数多くの成果物ができてきています。
これも、EVERNOTEのワザをいくつもミックスして、他のチャットワークやG-SUITEなどのアプリと連携して使っているものです。

 

「そうか、こうやって、こういう資料は作ればよかったのかな!」と目からウロコが落ちるかもしれません。人には正直、教えたらもったいないなあという手法です(笑)ぜひぜひ、EVERNOTEセミナーの高い金額を、取り返してくださいね(笑)このワザだけで、あっという間に元がとれます(笑)

 

改めて、EVERNOTEの活用も、使えば使うほど、いろんなことを思いつきます。EVERNOTE自体も少しずつですが進化しています。それ以上にEVERNOTEの周辺アプリが劇的に進化しています。EVERNOTEは心臓部。その心臓部と他の進化したアプリのミックスで、成果の出る経営手法を編み出すのが私の趣味であり、ささやかなミッションだと想っています。そんなEVERNOTEワザ使って、みなさんが成果、成長を遂げていただけたら、こんなに嬉しいことはありません♪

 

EVERNOTEを使って、みなさんの経営になだれのように良いことがおこりますように、お祈りしています♪

関連商品