経営方針マニュアル集

【商品情報】
A4用紙250ページ超に渡る社内テキストの決定版!
経営計画書・ベクトル用語集(早朝勉強会)・マニュアル・チェックリストとを1つにまとめた「魔法の書」です。

●商品の一部を公開中です
>こちらをクリック

●使い方解説動画

¥54,000
Qty :

説明

「経営方針マニュアル集」発売にあたって
株式会社プリマベーラ 経営サポート事業部 松田幸之助

 

仕組み化日本一の中小企業を創る」これが我が社のビジョンになります。
このビジョンを元に、色んな仕組みを作り成功した仕組みをお客様にもご案内させていただいております。

弊社では「仕組み化」という言葉も定義しております。
仕組み化とは『マニュアル化、チェックリスト化、カレンダー化、横展開化を推し進めることです。このことで、働く従業員の実行確率が上がるようにすることです』
このような定義をしております。

この考えのもと、膨大なマニュアルと膨大なチェックリストを作ってきました。
マニュアルの総数は数百、いや数千あるかもしれません。

 

接客マニュアルは毎回更新されてなんと今やA4用紙30枚分という
膨大な量になりました。
もし仕組み化していなければ、なんにも積み上がらず残っていない。
そう考えるとゾッとします。

 

環境整備関連のマニュアルもそうです。
毎日行う環境整備の作業計画表、環境整備点検。
トイレ掃除のマニュアル、チェックリストなど多数あります。

 

プリマベーラでは「仕組み化」するときは「D・W・M・Y」で考えましょうという
共通の認識があります。

D:デイリー(毎日)
W:ウィークリー(毎週)
M:マンスリー(毎月)
Y:イヤリー(毎年)

一年に一度しか使わないものよりも、毎日使うものの仕組み化をしていこうと。
毎日使うもののマニュアル、チェックリストを磨き上げたほうが成果につながるよねと。

 

このように、経営計画書・ベクトル用語集(仕事ができる人の心得)を元に
膨大な仕組みを磨き上げてきました。

色んな会社様に行って、その成功事例をマネて上手くったら仕組み化。
また、他の会社様に行って、マネて上手くったら仕組み化。
こんな改善したらいいんじゃないかな?
そんなアイディアを実験して、上手くったら仕組み化。
これを恐ろしい回数こなしてきました。

おかげさまで9期連続増収増益を達成している原因の大きな1つがこの「仕組み化」です。

 

そして、4年ほど前からいわゆる「マニュアル、チェックリスト」だけだと分かりづらいよね。誰でも「みりゃー分かる」ようにしたいよねと、「動画化」を進めてきました。
新しいスタッフさんが入ってきたら、
「eラーニングという数百の動画がある中でこの40個だけは必ず見てね。
そこに社長の想いや、会社の考え方が動画でまとまっているから。」
と伝えています。
EG(エマジェネティックス)の黄色顕性上司でもしっかりと伝わる仕組みです(笑)

特に最近の若者は「活字が読めない」と言われています。その中で、
じゃあどのようにマニュアルやチェックリストを覚えてもらおう?
そうすると「動画」で撮影して見てもらおうという流れになりました。

いやでも、仕組み化の前にそもそも「考え方」が揃っていないとダメだよねと
早朝勉強会も愚直にやりつづけ、2019年1月11日時点で「第373回」まで繰り返しております。
これ以外にも、朝礼の時間帯に3分間の早朝勉強会も開催し続けてきたので実際には、600回を超えるこなしております。

 

このような仕組み化を進めている中で、あるとき
『経営計画書とベクトル用語集と仕組み』を1つに集約したいよねと弊社代表の吉川が
ボソッと言いました。

確かに、経営計画書という戦略と、それを具体的に解説しているベクトル用語集。
更に膨大なマニュアル、チェックリスト、動画に音声が1つになったら凄いと感じました。

「仕組み化日本一の中小企業を創る」よし、ここで一度今までの『仕組み化の総集編
を作ろう!と思い立って作成したのがこの「経営方針マニュアル集」になります。
経営計画書とベクトル用語集を合わせる作業。
過去のマニュアル、チェックリストを洗い出す作業。
WEB版を作成する作業。
一週間泊まり込みで作成したりして、ようやく「経営方針マニュアル集」が完成しました。

 

「経営方針マニュアル集」はズバリ我が社の教科書の
経営計画書+ベクトル用語集+マニュアル、チェックリストがまとまったものになります。

 

経営計画書の戦略(何をするか、何をしないのか)
ベクトル用語集の戦術(何でするのか)
マニュアル、チェックリストで(なにをどのようにするのか)

これらが1冊に集約されて、社内教育テキストの決定版となっています。

 

経営方針マニュアル集を使うことで、方針の浸透具合が加速化します。
経営計画書の何をするのかを、ベクトル用語集で補足し更に分かりやすく伝えることが可能になります。
また、どのようにすればいいのかもマニュアルとチェックリスト。
音声・動画がまとまっているので、更に体系的に学ぶことが可能です。

 

この「経営方針マニュアル集」は50000円(税抜き)ですが、私が思うに安い!(苦笑)
なぜならば

1.250ページ以上の圧倒的ボリュームで、そのまま社内勉強会に応用できる。

2.「最新版」がWEBで見られる。
もちろんパソコンでも、タブレットでも、スマートフォンでもご覧いただけます。

3.今後経営サポートを目指している会社様は、経営方針マニュアル集をマネることで、社外に仕組みを販売することが可能になります。

社長様も、幹部の皆様も、現場の皆様もこの「経営方針マニュアル集」で
全ての勉強会が可能になります!

 

そんな魔法の書、プリマベーラの仕組み化の「解体新書」をぜひお手にとって頂き、
「経営方針マニュアル集、買ってよかったわー」
そう言っていただけることを願っております。

関連商品